アコムの限度額を増額

結婚当初の生活費について

"私は結婚してから病気をしてしまって、仕事を辞めることになりました。
当時、主人のお給料はとても安く、2人でやっていくには私もパートでもいいから仕事をする方が良い状態ではありました。
ゆとりが一切ありませんでしたので。

ですが、結婚してからしばらくすると私は病気をしてしまい、仕事をすることができなくなりました。

当時私たちには蓄えもほとんどなく、とても苦しい生活をしていました。そこに来て私の退職となりダブルパンチでした。

そんな時に、押し入れを整理していたら、古いキャッシュカードが出てきました。

主人の名義のキャッシュカードで、だいぶ前に使っていたもので現在ではその口座は使っていないということでした。

その時、結婚当初という事も有り、やりくりがうまくできないでいた私達は、とても生活費に困っていました。
もしかしたら多少でもお金が入っているのでは?という淡い期待を胸に抱いて、そのキャッシュカードをもって銀行へ行きました。それくらいその時はお金に困っている状態でした。

ATMに入れて、ワクワクしながら残高照会をしたことを今でも覚えています。

もちろん、あまり期待はしてはいませんでした。もともと主人も貯められない正確だったようですから。
でも、もしかしたら?なんて思って残高を確認すると。

3000円有りました。

私はあっても数十円だと思っていたので、3000円もあって逆に驚きました。
主人は「たった3000円か」っと言ってはいたのですが、私は結構嬉しかったのを覚えています。

その3000円を引き出して、食費に当てました。"

良くも悪くもギリギリの生活

"もしお金の神様がいるとしたら、私はいつもいじめられ、そして助けてもらうの繰り返し、何となく良くも悪くも波がないように試練が与えられているような気がします。
数年前から事業が上手くいかなくなり結構な金額の借入だけが残ってしまいました。
途中何度も自己破産も考えたぐらいでしたので心底疲れ切ってしまい、結局転職を決意することにしました。
年齢も若くないこともあり、希望する職種での採用はなかなか困難で思うように決まらない数ヶ月、借りながら返すの繰り返しで何とか凌いできましたが、元々抱えていた返済の分がどうしても負担になってしまいます。
少しでもお金を作るために、それまで保管していた私物でお金に変えられそうなアンティークや貴金属などはオークションに出品しました。
これが意外に売れると大きくて、週末になると何点か落札されることがありました。
何とか生活費も捻出できるかと一瞬考えましたが、そうは簡単でもなく段々出品するアイテムも無くなってきます。
もちろん日中は他のアルバイトなどで稼ぎながら帰宅後出品する毎日ですが、このままではオークションもあてに出来なくなりそうに思いましたので、アルバイトを掛け持ちに増やすことにしました。
これもまた時間の調整が必要で、うまく組み合わせできないと効率良く仕事することが出来ないのです。
結局転職を決意してから2年ほどやり繰りしましたが、良い月と稼げない月がまるで神様の計算ではじき出されているかのように交互に来ます。
もうダメだと思うと忘れていたオークションの落札が急に入ったり、知り合いからスポットの仕事が舞い込んだり、結果帳尻だけは合うといった感じです。
今でも決して楽ではなく、毎月借金返済後の家賃の確保などはたいへんですが、何とかギリギリで凌いでいます。
いつかこれが崩れたらどうやっても払えない状況もありえますが、いつまでこんな流れが続くのでしょう。
少しぐらいはこの我慢の生活が報われてもいいような気がするのですが、神様は相変わらず試練を与えてくれるようで、気が抜けない毎日が続きます。"

脱サラしてはじめた自営業、ほとんど常にお金に困っていました

"今はちがう仕事をしていますが、以前、友人と脱サラして、自営で小売業をしていたことがあります。
開業資金は、手持ちのお金中心で、それに公的機関からの融資を少し加えるくらいで、はじめられました。
けれど、大変だったのは、開業してからです。
タイミングとして、見切り発車といいうほどではなかったものの、少し急いで開業してしまったものですから、準備不足が大きかったのかもしれません。
想定していたような売り上げにはなかなか届かず、毎月赤字つづき。仕入れのお金にも苦労する日々でした。
借金を増やしたくはないけれど、借金しなければ店を開けられない、という状態。銀行のカードローンなんかもよく利用したものです。
そんなあるとき、電話のセールスで「先物取引」をすすめられました。
まったく知識もないし、そういう才覚もないと自覚していますので、最初は断っていたのですが、度重なるセールスの電話に、最後は応じる気になったのです。
それだけ店が苦しくなっていたということです。ワラにもすがる思いでした。
先物取引をはじめたところ、最初のうちはけっこういい成績で、時に「えっ、こんなに」とびっくりするほどの利益がでることもありました。
よかった、これで店もやっていける。友人と喜び安堵したのもつかのま。こうした取引は、水物です。ちょっと調子が悪くなって損が出ると、それをとり戻そうとして、どうしても無理してしまいます。
町金で借金して、そちらへつぎ込むということまでしてしまいました。
そんなやり方でうまくいくはずがありません。結果は、火を見るよりもあきらかです。
すぐに立ち行かなくなり、店は廃業。借金だけが残ったのでした。
今はそれもいい経験だった、と、自分に言い聞かせています。"

人生最大のピンチは貯金を切り崩して乗りきった

"生活する上でお金の有り無しは重要な問題です。
一人暮らしなら出来る限り節約をして暮らすことも出来ますが家族がいるとそうもいきません。
結婚して夫だけの収入で生活していたとき、突然、夫が会社を辞めてきたことがありました。
次に働く場所はあるという話でしたが、実際はうまい話に踊らされただけのようで、
結果的に数カ月の無職期間に突入してしまいました。

会社から言われた退職ならばハローワークに申し出て失業給付金が頂けますが、
今回のケースは自分から辞めたわけですから失業給付金が頂けるのも数カ月後になります。
最後のお給料をもらってからスグに生活費が足りないという最悪の事態になったのです。

お金が無いというのは本当に心細いものです。
わずかな貯金だけが残っていたので、貯金を切り崩しながら私もパートに出ました。
夫も新しい仕事を一から探し始めましたが40代の半ばという年齢で厳しい就職活動になりました。
私のパート代は8万円ほどで、ひと月の食費や日用品などに消えて行きました。

やはり夫のお給料がないと家のローンや光熱費、保険、国民年金などは支払えません。
国民年金や健康保険はスグに手続きをして、国民年金は支払い免除、健康保険は任意継続にしました。
3人の子供関係のお金もどんどん掛る時期なので貯金はハイスピードで減って行きました。

結局、新しい仕事が決まったのは5カ月後のことで、その間に100万円の貯金が無くなっていました。
この経験は人生の中でも最大のピンチと言えますが、同時に人生の良い勉強になったと思います。
けっこう辛い体験でしたが当時は生きることに夢中であっという間に時が過ぎ去ったような気がします。"

やばい一文なしだ

"私は現在32歳ですが、本当にお金に困っていた時期があります。それは今から14年前の18歳の頃の話になります。
私は高校を卒業し、実家を離れ地方に就職をしました。
その職場には、寮も何もなかったため一人暮らしをしながらの生活でした。
会社からは、住宅手当のようなものは支給されてはいましたが生活は決して楽ではなく口癖はいつも「金ねえわ」だった気がします。
そんなお金のない日々はうんざりということでなんとかしようと私は考えました。たどり付いた答えは、パチンコと競馬というギャンブルでした。
パチンコには毎日のように通い、勝ったり負けたりというのの繰り返しで全然お金はたまらない一方でした。競馬に関しても負けることが多く自分のイメージしていたものとは違う結果になっていました。
そしてある時、給料日に給料をもらいその日に給料の全額の14万をおろしパチンコ屋に行きました。
給料入ったら絶対パチンコに行ってやるという気持ちとその日は比較的店側も出す確率の高い日であったためやる気は満々でした。
私は、スロットをメインにやるのですがその日はどんだけまわしても当たりが出ずあっという間に3万円が消えてしまいました。
ただこのままでは納得できなかったため、台を変えてまた打ち始めました。
するとこの台でもあっさり3万円負けてしまいました。
もう私の感覚はマヒしてしまい、自分の財布に入っていたお金全てをパチンコにつぎ込んでしまったのです。その結果一文なしになってしまいました。
貯金もなかったですし両親にも言えず、知り合いや先輩にお金を借りるして何とか一カ月を切り抜けたのでした。
"

カードローンが残っています

"私は現36歳の主婦です。昼間はパート勤務をしています。子どもが三人おり、小学生と保育所園児が二人います。
仕事は土日関係なくあり、旦那の勤務もほとんど夜勤で家を留守にすることが多いため、仕事に子育てにてんやわんやの毎日です。ほぼ一人で子育てしていると言ってもいいかも・・・
 そんな感じで仕事に家事に子育てに追われる毎日の中で、当然ストレスもたくさんたまって、ストレス解消としてネットショッピングにはまってしまいました。カードで買い物をし、支払いをリボ払いにしているため、お金を使っているという感覚が鈍ってしまい、気づけばカードローンがけっこうな額になっていました。もちろん旦那にはローンがあることは言えるはずもなく、毎月食費がちょっと足らないからとか、子どもの服を買いたいからなどと理由をつけて、ローンの支払い分をもらっていました。結婚当初から、旦那が通帳を見ることはほとんどなかったので、ローンがあることを隠すことは可能だと思っていました。
 それが先日、何を思ったか急に旦那が貯金通帳を見たいと言い出し、パート代が入金されローンが落とされる通帳を含め、全ての通帳を出せと言われてしまいました。
 絶対バレることはないと思っていたカードローンがばれてしまいました。自分に黙ってローンをしていたこと、それをひた隠しにして、なんとか取り繕うと嘘をついてお金をもらっていたこと、すべてバレてしまい旦那に本気で怒られてしまいました。まだマイホームのローンも残っているし、子どもの教育費はこれからたくさんいります。母親としての自覚がなさすぎると言われました。旦那の言う通りです。
 絶対バレることはないと思っていたけれど、そんなわけもなく、やはり隠し事をするのはよくないと反省しました。
 今は少しずつでも節約を心掛け、はやくローンが返済できるように頑張っています。

"

借金がばれて結婚が白紙になりました

"一時期、エステやショッピングにはまりこみ、
散財の限りを尽くしていました。
当たり前ですが、月々出ているお給料ではまったく足りず、
リボルビング専用クレジットカードを作り、月々の支払い額を低めに設定し、
限度額いっぱいまで借りては増額、借りては増額を繰り返す日々。
借入先も最初は一社だったのが、二社、三社と複数になり、
借入額は雪だるま式に増えて行きました。
しばらくして好きな人ができ、その人と付き合うことになりましたが、
借金はまったく減らず、延々と金利分を返しているような状態
そこで初めて、自分の愚かな行動に気が付きました。
慌てて自分の借入残高を調べてみると、なんと260万も!
いったい何に使ったというのだろう!?
毎回支払額を確認することもなく、支払い時にカードを提出するだけ
その後いろいろ調べるにつけ、
リボルビング払いによる高金利の罠を、遅まきながら知ることができました。
ひたすら後悔する日々が続きましたが、泣いていてもどうしようもない。
でも彼にはどうしてもばれたくない、秘密のままなんとか完済したい、なんて身勝手なことばかり考えていました。
そんな中、彼の口から「そろそろどうだろうか?」と、結婚の話が飛び出しました。
彼の両親にも紹介してもらい、順風満帆なように思われていた矢先に、
借金のことがばれてしまいました・・・・・
彼や、彼のご両親に呆れられ、結婚は白紙になる始末。
自分が一番悪いということはわかっていても、
ホイホイお金を貸してくれた消費者金融を憎みました。
やっと完済し終えた今、
当然ですが、二度と借金する気は起きません。


"

人生予定通りにはいかないですね

"乗っている車が古くなってきたので、車を購入しようと貯金はしていたんですが、150万円貯めたところで乗ってる車の車検がきて、買い換えることになりました。

夫婦で相談して、150万年は貯金から、それプラス150万円は借金をして合計300万円の車を買いました。

パートですが私もフルで働いていましたし、借金返済は月々3万円程だったので、別に何の迷いもなく決断しました。

しかし、1年くらい経った頃、予想外に妊娠し、ひどい悪阻で早々とパートを辞めることになりました。

今まで夫婦2人自由気ままに生活していたのが、状況が一変しました。
夫の収入だけになり、さらにベビーベットやベビーカー、チャイルドシートなど出産準備の出費も何十万円もかかりました。

すると、月々たった3万円だと思っていた借金返済が、とてもしんどくなってきたんです。

毎日家計のやりくりで十円二十円とケチケチ生活するようになると、月々の3万円は大出費です。

なぜあの時、150万円の車にしなかったんだろうと激しく後悔しました。
150万円でも十分車は買えたのに。

だからといって今その車を売って、安い車を買い直しても借金を返し切れるほどの値段はつきません。

月々3万円の借金返済がこんなに苦しいとは思いませんでした。
家計簿を見て、これさえなければと何度思ったことか・・・

夫婦2人自由気ままに生活している時には考えもしませんでしたが、人生予定通りにはいかないものですね。

そうなる可能性も考えて借金するべきだったと反省しています。

"

お金を借りるんじゃなかった。

"借金をしてまでもやりたかった事をしました。当時私は仕事もしており、ある一定の収入も得ていました。
ですが、勤めていた会社が経営不振になり、さらに会計上の不正も発覚したがために、会社が破綻して私は職を失いました。
借金をしたのは、会社に勤めていた時のことでした。
当時私は営業で、営業成績も良かったために、固定給にプラス営業の成功報酬がもらえていました。
もちろん、営業であげた利益というのは、正直不安定な収入ですから、固定給が本来の給料と言う訳です。
当時私は結構お金の使い方が荒く、さらに、貯金もあまりない状況でした。

そんな時にどうしても始めたい事があり、まとまったお金が必要であったので初めて借金をしました。

借金を返済できる見通しも十分とありました。ですが、その数ヵ月後私は地獄を見る結果となりました。


ある日突然会社へいくと、これ以上経営が難しいというふうに宣告されました。さらに、会計上の問題も発生し、税務調査も入りました。

あれよあれよと会社の状況が悪くなり、そして、倒産となりました。

固定給の収入をあてにして返済をしようと思っていた私にとって、まさに絶望的な状況となりました。

借金までしてやりたい事をやるんじゃなかった。借金なんてするんじゃなかったと思いました。

貯金がないとはいえ、当面の生活費はあるものの、その当時はどこも不景気でリストラの嵐の状況ですし、簡単には仕事は決まりませんでした。

でも、返済の期日はやってくるわけですし、返済はできなければ生活も追われます。

なんとかしなければと思い、アルバイトを始めながら就職活動をしました。

借金さえなければ、ある程度ゆとりを持って仕事探しも出来るのでしょうが、私には時間がありませんでした。

アルバイトで得た収入もほぼ借金返済に当てて、僅かに残ったお金で生活を送らねばならなかったので、一人暮らしをしていたマンションを離れて実家へ帰りました。

借金なんて、絶対に気軽にするもんではないですよ。借金なんてするんじゃなかったそう思いました。"

借金返済に追われた思い出

"若い頃、自分の趣味の為に借金をした事があります。
無計画すぎたというか、
これくらいの額すぐに返せるだろうとその時は思っていました。
しかし、根気もないために、アルバイトも長続きせず、
転々としていたので、返済が滞ることも度々ありました。
その度にもちろん金融会社から、催促する電話がかかってくるのですが、
わずらわしくなって無視していると、
今度は家の電話にかかってきて、借金していた事が親にバレてしまいました。
もちろんこっぴどくしかられましたし、こんな自分を非常に情けなく思いました。
そういう事から、その借金を返済する為に、
今度は他の金融会社から借りてしまったのです。
そのような事を繰り返していたら、1回に借りるお金は僅かであっても、
どんどん利子も増えて行き借金の総額もかなりのものになり、
その当時の私にはかなりの苦痛になりました。
金融会社からの電話に怯える日々で、催促状も山のように送られて来ました。
自分が悪いのですが、精神的に毎日追い詰められて暮らしていました。
それを全て完済するまでに、かなりの年月がかかってしまいました。
それ以来、二度とキャッシングや、
自分が支払えないようなカードローンに手を出す事はなくなりました。
借金のない生活は、まずしくても快適です。
あの追い詰められるような恐怖心や、みじめな思いは、
もう味わいたくないと思っています。
しかし、取り返しのつかなくなる前に、このような経験をしておく事で、
借金の恐ろしさも学べたので、良かったと思います。"

最新のエントリー一覧

脱サラしてはじめた自営業、ほとんど常にお金に困っていました
"今はちがう仕事をしていますが、以前、友人と脱サラして、自営で小売業をしていたこ...

人生最大のピンチは貯金を切り崩して乗りきった
"生活する上でお金の有り無しは重要な問題です。 一人暮らしなら出来る限り節約をし...

やばい一文なしだ
"私は現在32歳ですが、本当にお金に困っていた時期があります。それは今から14年...